今となって思い出す占いのこと

あれは今から10年ほど前のことです。
友人が有名な占い師さんが出張で来ており、デパートの片隅で簡易的に占いをやっているから一緒に行ってほしいと頼まれ、占い自体初めてだった私は好奇心半分、疑い半分で行きました。

本当にデパートの片隅でそこを目的にしなければ立ち寄らないであろう場所に列ができており、女子の占い人気と情報の速さに驚きました。
順番がきて通されたのは一畳ほどのスペースにパイプ椅子が置いてあり、強めのパーマが胸元まである一見普通の50代ぐらいの女性が座ってました。

友人はこんな感じの人でした。

【見た目は森高千里似の美人。学校でも人気があり、1・2位を争うぐらいモテる女性】
【付き合った人は20歳まで1人。しかもその1人は前歯がシンナーの吸いすぎで溶けてなかった人】
【自分からは告白できず、気になる人がいても周囲にも相談できないタイプ】
【ひとつでも相手に欠点があると感じると全てが嫌になってしまう】

友人は切り出しました。
友人「私はいつ、彼氏ができますか?そしていつ結婚できますか?」
占い師「あなたは今まであまり恋愛経験がないようですがどうしてだと思いますか?」
友人「自分から好きになった人もいないし、いいなと思う人に出会ってないからだと思います」
占い師「あなたはこの土地にいても好きな人にも結婚相手にも巡り合えませんよ」
友人「え?!Σ( ̄□ ̄|||)そうなんですか?私はどこに行けばよいのでしょうか。」
占い師「あなたはすでに引っ越したいと思っている場所があるのではないんですか?」
友人「はい。姉がそこにいるのですが結婚しているので引っ越ししても一人なんです。」
占い師「その土地こそがあなたの探している場所です。そしてそこに運命の人がいます。」
友人「そうなんですね。わかりました。ありがとうございます。決心がつきました。/)`;ω;´)」

私はそのやり取りにビックリしました!!
友人が引っ越しを考えていたなんて。。そしてそれを今、決心したなんて。
私と友人の育った地域は港町で訛りが酷く、特に男性は言葉尻が強い印象を受けます。
私は別に気にならなかったのですが友人には抵抗があったようでした。

それから間もなく、友人は本当に引っ越しして離れ離れになってしまいました。
新しい土地で仕事を探し、2年間働いていましたが、彼氏ができたと報告はありませんでした。
しかし3年目に入った頃、突然彼女から連絡があり、結婚すると。
職場に出入りしていた業者の方で、なんと彼女から告白したとのこと。
プライドの高い、好きな人の相談もできなかった彼女が告白するとは。

今は二人の女の子に囲まれて幸せに暮らしているようです。
本当に引っ越してよかったと言っています。
あの時、占い師さんに背中を押してもらってよかったと彼女は相変わらず綺麗な顔で微笑んでます。