占ってもらうときにはテーマを決める

占いを聞く側の姿勢としては、どう聞いていけばいいのでしょうか。

「我欲をぶつけない。『こうなりたいんだけど』『どうしてもこうなりたい』とか、いきすぎる人がいます。あとは、占いフリークにならないこと。占いのはしごはいけません」

相談者の中には、納得いくところまで聞きたいという人もいるし、趣味で聞いている人もいるし、話し相手が欲しくて行く人もいる。

占い師さんが言うには、「あっ、はしごしているなって、見てだいたいわかります。占いを聞く時は、テーマを決める。私は少しでも、1センチでも解決したいという問題を明確に、2つぐらい持っていったほうがいいと思う。人間、今日悩んでいることって、せいぜい1つか、2つです。目の前のここをどうしても参考に聞きたいということを明確に持っていく。質問にゆとりがあるほうがいい」ということでした。

質問にゆとりがあるというのは、せっぱつまりすぎていないということだと思います。
「こういう人とつき合っているけれども、結婚の話がなかなかないから、それを強硬に持っていくのか、それともほかにもご縁があるんでしょうかという聞き方を、あらかじめ相談者のほうでも映像を描いておいたほうがいいと思います」

たとえば、悩み事が2つあるとします。すごい大きい問題と、5分先の小さな問題とします。5分先の小さな問題だったら、それほどつらくはならなくて、今の自分の行動で何とか対処できることがあります。

「『1時間後に面接を受けるんですけど』と言われると、私もラフな気持ちでタロットの1枚引きをやります」と占い師さん。

占いというと、中学生、高校生のイメージが強いが、本当は大人のほうが必要なのです。私は、この年にもなって恋愛運を聞いているが、この年代にも恋愛運は大事なんです。

今は、圧倒的に40代、50代の相談者が多いと言います。仕事と、子供のことが多いのだそうです「取引先の相性を見てください」とか、「風水で店のレイアウトを見てください」とか。2月には、子供の受験目的の人がほとんどだと言います。

相談者は、30代、40代の女性が多く、結婚が遅れているということと、離婚が4割だとか。

若くして占い師になると、「こんな若造がやっていて」という言い方をするお客様がいるはずです。

占い師さんも経験しているらしく、「そういうの、ありましたよ」と言います。

日本は、おじいさんがやっていると、ありがたみがあるというような社会です。「TVのテロップのようにわかるんですよ。相談者が『なんだ、こんな若い子か』って思っているのが」そんな時占い師さんは先に「若くてすみません」って言うらしいです(笑)

そうすると「オオッ」と、オジサンが3秒ぐらい黙るみたいです。「それでもよかったら、お座り続けて下さい」と言うと、みんなじっと座っているそうです。