対面タロット占いで転職相談した。その結果( ;∀;)

対面のタロット占いを受けた経験があります☆彡占い師の方は、見るからに占い師!(髪がながーくて、色が真っ白、とにかく色素が薄い感じ)の女性で、お部屋もまさしく占い部屋で、カーテン締め切り、ライトは間接照明、大きな鏡に大きなテーブル、沢山のエンジェルオブジェが並んでいました。足元には黒猫さんがそろりと行きかう…(+o+)

正直、最初は相当どぎまぎしました。「やばいところに来てしまったかもΣ(゚Д゚)」でも、お話を始めてくれたらなんとも優しい口調の優しい声の占い師さん。名前を伝えたすぐそばから「ちゃんづけ」でお話が始まりました。

そのとき私が一番聞きたかったことは「転職」。割と大手の企業に5年ほど勤めていた時期で、実際条件も非常に良い(給料、休日数、人間関係、仕事内容)会社だったのですが、たまたま学生時代の先輩から全く別な仕事のお誘いがあって、自分自身では、現状の条件を捨てるのはもったいない気もするなと思いながらも、でも新しいお話がめずらしく興味をひかれたので、タロットの行方も聞いてみようと思ったのです☆

タロットは複数引きでした。先生がシャッフルするのですが、途中で少し私もカードに触れるように言われました。結果は…「んー、その新しいところは、条件とか、そもそも団体として成り立っているのかしら?」とずばりでした(;’∀’)

まぁ、知人からの紹介という時点で、あまり大きな企業への話ではないことは想定ができる範囲かと思いますが。そうです、そもそもほぼ会社所属ではないようなお話だったんですね。だから、冷静に考えたら転職の条件比較には到底ならないので、私としては、今の会社に残った場合の未来と、新しい方へ行った場合の未来みたいなことを聞きたかったんですね。

結局、自分の心に直感で感じた「新しい方」へ進みました。今も後はありません。ただ、あの時に占い師さんが言ってくれた言葉で今でもしっかり覚えているのが、「5年勤めて少し飽きてしまったんじゃない?転職という考えよりも、仕事以外のことに時間を傾けてみるとか、今の仕事との関係性を変化させてみたらどうかしら?」と。

そのときは、すぐに転職を判断しなければいけない時期ではまだなかったので、「もしかしたら、そうなのかもしれない」と自分でも思い、まずは、その「仕事との関係性を変化させてみる」に気持ちを向けました☆結果、後にあたらしい道を選ぶことになりましたが、突然やめてしまうことなく、その経過として、ゆっくり考え、取り組み、あらためて自分の気持ちを確認できたので、とても良いお話、きっかけだったなと思います☆

その時から私も自分でタロットを少しやるようになりました。ここの占いのサイトにタロットのやり方や色んな占いの情報が載っているんで参考にしています。

占いは何かの行動のきっかけにするためのいい方法ですよね。

 

計画性のない一泊旅行♪

私が数少ない友達の一人といった、一泊旅行の話です。

もう今までの楽しいとは比べ物にならないほど、楽しくて帰りたくないくらいの一日でした。

それは計画性のない、真面目な私たちではあり得ない旅行でした。

普段真面目に生活している私たちだからこそ、「一回くらいは適当な旅行、してみようよ!」

という話になり、何も計画しないで集合して、どこかに一泊するという無謀な旅行が始まったのです(^^♪

まずは集合して、友達の車に乗りました。

そして、「さぁ、とりあえずどこかの宿探ししよっか♪」そういって、近くのカフェにさっそく入りました。

少し遠いところがいいねという話になり、「滋賀っていったことある?」と聞かれたので、「ない、滋賀にしよう!」即決でした。

そこから“今日泊まれる宿”というページを買ってきた雑誌で探し出し、電話をかけまくりました(´・ω・`)

意外にどこもうまっていたのですが、一件だけ空いてる宿を見つけたのです!

一気にテンションが上がりました。こんなに計画性のないことも新鮮すぎてやってみれば楽しくて仕方ありません。

すぐに車に飛び乗り、滋賀へと向かったのです。

途中にコンビニによっておにぎりを買ったり、ドリンクを買ってドライブも楽しみました。

いざ滋賀についたのですが、何が美味しいとかもわかりません。

とりあえず宿にチェックインしてからは、タクシーに飛び乗ってみることにしたのです。

「この辺りで美味しい晩御飯どこか知ってますか。出来ればお酒が美味しく飲めるところがいいのですが・・」

そう聞くと、この辺りの人がよく飲みに行くという地元ならではの居酒屋さんまで連れて行ってくれました。

もう、どこの高いレストランよりも格段に美味しかったのを今でも覚えています。

それは、自分たちらしくないことをしている事が楽しくて仕方なかったからでしょう( *´艸`)

それから宿に帰り、ブラブラと散歩をしてふと星を見上げると、もう星空がきれすぎて涙が流れました。

本当に楽しくて仕方のない旅行でした!(^^)!