今となって思い出す占いのこと

あれは今から10年ほど前のことです。
友人が有名な占い師さんが出張で来ており、デパートの片隅で簡易的に占いをやっているから一緒に行ってほしいと頼まれ、占い自体初めてだった私は好奇心半分、疑い半分で行きました。

本当にデパートの片隅でそこを目的にしなければ立ち寄らないであろう場所に列ができており、女子の占い人気と情報の速さに驚きました。
順番がきて通されたのは一畳ほどのスペースにパイプ椅子が置いてあり、強めのパーマが胸元まである一見普通の50代ぐらいの女性が座ってました。

友人はこんな感じの人でした。

【見た目は森高千里似の美人。学校でも人気があり、1・2位を争うぐらいモテる女性】
【付き合った人は20歳まで1人。しかもその1人は前歯がシンナーの吸いすぎで溶けてなかった人】
【自分からは告白できず、気になる人がいても周囲にも相談できないタイプ】
【ひとつでも相手に欠点があると感じると全てが嫌になってしまう】

友人は切り出しました。
友人「私はいつ、彼氏ができますか?そしていつ結婚できますか?」
占い師「あなたは今まであまり恋愛経験がないようですがどうしてだと思いますか?」
友人「自分から好きになった人もいないし、いいなと思う人に出会ってないからだと思います」
占い師「あなたはこの土地にいても好きな人にも結婚相手にも巡り合えませんよ」
友人「え?!Σ( ̄□ ̄|||)そうなんですか?私はどこに行けばよいのでしょうか。」
占い師「あなたはすでに引っ越したいと思っている場所があるのではないんですか?」
友人「はい。姉がそこにいるのですが結婚しているので引っ越ししても一人なんです。」
占い師「その土地こそがあなたの探している場所です。そしてそこに運命の人がいます。」
友人「そうなんですね。わかりました。ありがとうございます。決心がつきました。/)`;ω;´)」

私はそのやり取りにビックリしました!!
友人が引っ越しを考えていたなんて。。そしてそれを今、決心したなんて。
私と友人の育った地域は港町で訛りが酷く、特に男性は言葉尻が強い印象を受けます。
私は別に気にならなかったのですが友人には抵抗があったようでした。

それから間もなく、友人は本当に引っ越しして離れ離れになってしまいました。
新しい土地で仕事を探し、2年間働いていましたが、彼氏ができたと報告はありませんでした。
しかし3年目に入った頃、突然彼女から連絡があり、結婚すると。
職場に出入りしていた業者の方で、なんと彼女から告白したとのこと。
プライドの高い、好きな人の相談もできなかった彼女が告白するとは。

今は二人の女の子に囲まれて幸せに暮らしているようです。
本当に引っ越してよかったと言っています。
あの時、占い師さんに背中を押してもらってよかったと彼女は相変わらず綺麗な顔で微笑んでます。

 

対面タロット占いで転職相談した。その結果( ;∀;)

対面のタロット占いを受けた経験があります☆彡占い師の方は、見るからに占い師!(髪がながーくて、色が真っ白、とにかく色素が薄い感じ)の女性で、お部屋もまさしく占い部屋で、カーテン締め切り、ライトは間接照明、大きな鏡に大きなテーブル、沢山のエンジェルオブジェが並んでいました。足元には黒猫さんがそろりと行きかう…(+o+)

正直、最初は相当どぎまぎしました。「やばいところに来てしまったかもΣ(゚Д゚)」でも、お話を始めてくれたらなんとも優しい口調の優しい声の占い師さん。名前を伝えたすぐそばから「ちゃんづけ」でお話が始まりました。

そのとき私が一番聞きたかったことは「転職」。割と大手の企業に5年ほど勤めていた時期で、実際条件も非常に良い(給料、休日数、人間関係、仕事内容)会社だったのですが、たまたま学生時代の先輩から全く別な仕事のお誘いがあって、自分自身では、現状の条件を捨てるのはもったいない気もするなと思いながらも、でも新しいお話がめずらしく興味をひかれたので、タロットの行方も聞いてみようと思ったのです☆

タロットは複数引きでした。先生がシャッフルするのですが、途中で少し私もカードに触れるように言われました。結果は…「んー、その新しいところは、条件とか、そもそも団体として成り立っているのかしら?」とずばりでした(;’∀’)

まぁ、知人からの紹介という時点で、あまり大きな企業への話ではないことは想定ができる範囲かと思いますが。そうです、そもそもほぼ会社所属ではないようなお話だったんですね。だから、冷静に考えたら転職の条件比較には到底ならないので、私としては、今の会社に残った場合の未来と、新しい方へ行った場合の未来みたいなことを聞きたかったんですね。

結局、自分の心に直感で感じた「新しい方」へ進みました。今も後はありません。ただ、あの時に占い師さんが言ってくれた言葉で今でもしっかり覚えているのが、「5年勤めて少し飽きてしまったんじゃない?転職という考えよりも、仕事以外のことに時間を傾けてみるとか、今の仕事との関係性を変化させてみたらどうかしら?」と。

そのときは、すぐに転職を判断しなければいけない時期ではまだなかったので、「もしかしたら、そうなのかもしれない」と自分でも思い、まずは、その「仕事との関係性を変化させてみる」に気持ちを向けました☆結果、後にあたらしい道を選ぶことになりましたが、突然やめてしまうことなく、その経過として、ゆっくり考え、取り組み、あらためて自分の気持ちを確認できたので、とても良いお話、きっかけだったなと思います☆

その時から私も自分でタロットを少しやるようになりました。ここの占いのサイトにタロットのやり方や色んな占いの情報が載っているんで参考にしています。

占いは何かの行動のきっかけにするためのいい方法ですよね。

 

計画性のない一泊旅行♪

私が数少ない友達の一人といった、一泊旅行の話です。

もう今までの楽しいとは比べ物にならないほど、楽しくて帰りたくないくらいの一日でした。

それは計画性のない、真面目な私たちではあり得ない旅行でした。

普段真面目に生活している私たちだからこそ、「一回くらいは適当な旅行、してみようよ!」

という話になり、何も計画しないで集合して、どこかに一泊するという無謀な旅行が始まったのです(^^♪

まずは集合して、友達の車に乗りました。

そして、「さぁ、とりあえずどこかの宿探ししよっか♪」そういって、近くのカフェにさっそく入りました。

少し遠いところがいいねという話になり、「滋賀っていったことある?」と聞かれたので、「ない、滋賀にしよう!」即決でした。

そこから“今日泊まれる宿”というページを買ってきた雑誌で探し出し、電話をかけまくりました(´・ω・`)

意外にどこもうまっていたのですが、一件だけ空いてる宿を見つけたのです!

一気にテンションが上がりました。こんなに計画性のないことも新鮮すぎてやってみれば楽しくて仕方ありません。

すぐに車に飛び乗り、滋賀へと向かったのです。

途中にコンビニによっておにぎりを買ったり、ドリンクを買ってドライブも楽しみました。

いざ滋賀についたのですが、何が美味しいとかもわかりません。

とりあえず宿にチェックインしてからは、タクシーに飛び乗ってみることにしたのです。

「この辺りで美味しい晩御飯どこか知ってますか。出来ればお酒が美味しく飲めるところがいいのですが・・」

そう聞くと、この辺りの人がよく飲みに行くという地元ならではの居酒屋さんまで連れて行ってくれました。

もう、どこの高いレストランよりも格段に美味しかったのを今でも覚えています。

それは、自分たちらしくないことをしている事が楽しくて仕方なかったからでしょう( *´艸`)

それから宿に帰り、ブラブラと散歩をしてふと星を見上げると、もう星空がきれすぎて涙が流れました。

本当に楽しくて仕方のない旅行でした!(^^)!

 

PSO2でクーナの新ライブに参加してみた感想

EP4が完結して少し経ってからのアプデで、クーナの新ライブが実装されました(*´∀`*)

私用でなかなか参加できていなかったのですが、先日遂にライブに乗り込んできました。

今までのライブはショップエリアで棒立ちで聞くか、モニュメントの台で踊るかのどちらかでした。

今回はライブ中はかなり大規模な足場ができるので、そこで踊れるのが面白かったですね。

アークスダンスフェスと同じく、モニュメントの部分で○ボタンを押せば勝手に足場に配置されて踊ります。

初見にも関わらず完璧に新曲を踊りこなす自キャラは踊りのプロですね(゚∀゚)

新ライブでは新曲の「Cosmic twinkle star」と「光の果て」の2曲をやる(アンコールなし)感じでした。

カメラが自キャラとクーナで選べるので自キャラの動きばかり注目してましたが、クーナカメラだと超ド派手なアクションをしてることに気づきました。

AISとか敵のカブトムシまで友情出演して動き回るという豪華っぷりです。

1曲めが終わったら足場の配置が変化して、EP4のEDだった曲が流れます。

これもまた振り付けが可愛いので、自キャラ萌えが捗ること間違い無し(*´∀`*)

アンコールはないものの、よく動くキャラや演出を10分ほど楽しめるのでボリューム感はあります。

ライブは今までブースト目的でロビー放置してましたが、新ライブはもうテレビの前に釘付けです(゚∀゚)

例によって皆が一斉に同じ動きをするので、友人達からは「集団パニック」「ユーザー参加型過ぎるw」とのツッコミも。

嬉しいことに、新ライブに参加すると新しいダンスのロビアクがもらえます。

ループされるロビアクは貴重なので、これからもどんどんダンスライブを実装していってほしいですね。

ただ新ライブは初の試みが多いらしく、人が多すぎて強制落ちしたりクーナの顔が恐ろしくなったり、足場が消えてキャラが落下したりというバグもあるようです。

友人と過密ブロックでライブに参加した時に、私も初めて足場落下を経験しました( Д ) ゚ ゚

ライブ自体はとても楽しかったので、バグも後々修正されていってほしいですね。

 

ビジネスホテル宿泊の非日常は意外と楽しく

ドライブ旅行自体それ程珍しい事ではなく、少なくとも半年に1回は出掛けている私ですが、その度に大きく行き先を変え、決してマンネリが起きない様にしています。

その一方、何度それらのレジャーで利用しているにもかかわらず、その都度ワクワクし全くマンネリ感を感じないのが、各地にあるビジネスホテル。料金が安く食事も充実しているという理由ももちろんなのですが、シングルルームで部屋全体を自由に出来る上、宿泊中の過ごし方でさえ自由度が非常に高く、まるで童心に帰った様に楽しめるのです。

今年の大型連休中も山梨県内にあるとある大手ビジネスホテルを利用し、その雰囲気を楽しむ事となりました。

本来なら無理して自宅から日帰りも可能だったドライブ旅行だったのですが、疲れが溜まった帰路は眠気で危ないケースも多く、それならのんびり現地近くで1泊しても良いだろうという事で、そのビジネスホテルを利用する事となったのです。

夕方にチェックインしたところ、周囲の景色も南アルプスの麓というだけあって大変美しく、空気もひんやりで清々しいもの。あえて夕食はホテル内で取らず、周辺をブラブラ散策しつつたまたま見付けた蕎麦屋で食べたのですが、根底にある非日常感からか想像以上に美味しく感じられたものです。

館内には入浴施設も充実しており、朝風呂も含め十分に疲れを癒す事が出来ました。もちろんビジネスホテル最大の楽しみはボリュームたっぷりの朝食バイキングで、その日は昼食無しでも十分過ごせる程にお腹一杯、夢中になって食べてしまいました(^-^)

最近ではビジネスホテルをよりリーズナブルに利用する為、わざわざそのうち一つの系列で使えるポイントカードを新しく作ってしまった程。次のドライブ旅行の際もきっとビジネスホテルのお世話になる事でしょう。

 

かなり昔の美味しかった食べ物になりますが

今からかなり昔の…もう10年くらい前の話になりますが、北海道の札幌で食べたジンギスカンがこの上なく美味しくて堪らなかったです。

その当時恋人だった人と北海道の札幌と小樽方面に旅行に行った時にジンギスカンを食べまして、食事をした場所は確かサッポロビール園という所だったと思われます。

ジンギスカンって羊の肉なんですが、羊の肉そのものは普段の生活を送る上ではほぼ食べた事が無かったので、サッポロビール園にてジンギスカンを食べた時はまさに感動の一言に尽きました(*´▽`*)

あと、ジンギスカンは独特の鉄鍋で焼くんですが、食する前から羊の肉と野菜を焼いている時の鉄鍋から漂う香ばしい匂いが存分に私の食欲をそそりましたね(~Q~)

私自身ジンギスカン自体初めてだったので、焼き方等良くわからなかったのですが、相手に教わりながら二人で頑張って焼きました。

気を抜いたり油断しているとちょっぴり焦げ付いたりしつつも、いい具合にお肉もお野菜も焼けて、お肉をタレにつけてから口に運んでみると…もうそのジューシーさに思わずとろけそうになりましたよ(*´Q`*)

よくジンギスカンというか、羊の肉はくせがあったり強いと聞きますが、そんな事は微塵も感じないくらいな絶品の味でしたね。

まさに北海道のソウルフードと呼ばれるに相応しい美味しさで、あのサッポロビール園で食べたジンギスカンの味は今になっても忘れられませんo(^-^)o

また、ジンギスカンにはビールが凄く合うとお店の人にも言われたんですが、私は全くの下戸ではありませんけれどビールは飲めない人間ですので、ジンギスカンだけを楽しませて頂きました。

私のパートナーは、ビールもジンギスカンも余す事無く堪能しておりましたが、こちらはビールが無くてもジンギスカン単体で舌鼓を打ちましたね(´w`*)

ジンギスカンは私の地元では滅多に食べられないので、少なくとも…北海道の札幌以外では食べた事が無いので、また北海道に行く事があったらあの美味しかったジンギスカンを再び食べたいなぁと思っております。

 

何だかうまくいかないなぁ

私が20代のころ、物書きに憧れて投稿したり応募したりしたものの、我ながら支離滅裂な文章しか書けず、結局その夢は挫折してしまいました。

しかし、あと数年で30歳を迎える今、私の経済状況は、実務の仕事でも自分の低スペックさゆえ収入も限られているために、副収入を得なければならないほど、大変厳しい現状におかれています。

仮に、日払いバイトでの「軽作業」という名の「重労働」についたとしても体力的にも持たないですし、しかも不器用なため、若い奴らからドヤされるだけですので、精神的にも肉体的にも良くありません。

ですから、再び文章を書くことにチャレンジしているところです。

とはいうものの、なかなか思うように文章がすらすら書けません。
たかだか何百字書くだけでも読める文章になるまで幾度も、推敲を繰り返しては時間がかかってしまいます。
もう1000字書くとなると、ひどいときには2時間以上かかってしまうこともあります。

最近は、書ける内容もマンネリ化して、とてもスランプ気味な状況です。
今もこうして「何だかうまくいかないなぁ」と思いながらこの文章を書いています…(;_;)

今の私にとって、副収入を得る手段はこの「書くこと」のみです。
今更ながらではありますが、ただ読める文章ではなく、面白い文章、惹きつけられる文章が、すらすらと書けるようになりたいのですが、思うように書けません(><)

別のジャンルや自分の興味範囲外でもしっかりと調べて書けるようになりたいのですが、調べてみても頭に入らず、いざ書こうとすると頭がぼおーっとしてしまって、余計に先に進めなくなってしまいます…

「そういったところも自分で咀嚼して、文章にも工夫を凝らして人に伝えることができるようになってこそ、プロフェッショナルなんだなぁ」とは私も感じています。

今は本当にうまくいかないところですが、それでも一歩ずつ頑張って前に進んでいきたいと思っています。
あれこれと試行錯誤しながら、突破口を見つけ出したいと思います(`・ω・´)>